間違った保湿の仕方の注意

間違った保湿の仕方では、かえって肌の水分を蒸発させて乾燥肌を引き起こすことがあります。例えば肌が乾燥している時に、たくさんの化粧水をつけることは間違いです。化粧水のほとんどは水なので、たくさんつけても水分がより多く蒸発するだけです。皮膚が水分でふやければ、肌内部の保湿成分まで溶け出してしまうため、適量を守る必要があります。乾燥している時はセラミドやヒアルロン酸などの保湿効果の高い成分が配合された化粧水を用意します。肌が必要とする水分量は人によって違いますが、化粧水が浸透すると肌は冷たくなります。ハンドプレスして肌が一瞬温かくなっても、ひんやりとする量が自分に適した量だと判断できます。またニキビ肌やオイリー肌の人は保湿を間違っている可能性が高いです。皮脂が多く分泌していると、乳液やクリームを使いたがらない人が多いです。しかし乾燥してそれをカバーするために過剰に皮脂が分泌されていることも多く、最初は乳液やクリームで油分も与えることが大切です。十分に油分を補給して肌トラブルが起こる場合は、少しずつ量を減らします。全く油分を補わないと乾燥肌が悪化するので注意します。さらに洗顔で保湿する仕方も禁物です。しっとりタイプの洗顔料は洗い上がりは乾燥していませんが、油分でベタついているだけです。メイクや皮脂が落ちにくいので、スキンケア用品の浸透を阻害します。あくまでも洗顔後のケアでしっとりさせるようにします。