ニキビの原因、ケア方法

私は20歳を過ぎた辺りから顎にニキビができ始め、そのうち治るだろうと思い特に何もせず放っておきました。そしたらニキビは日に日に数を増し、気が付いたら額、フェイスライン、顎に大量のニキビができていました。
指で触ると痛いし、治りにくいし、目立つしで、毎日鏡を見るのがとても憂鬱でした。

ニキビが増えた原因はホルモンバランスの乱れと、職場の人間関係のストレスから来るのではないかと思いました。そこで規則正しい生活をしてたっぷりの睡眠を取り、仕事が休みの日は思いっきりリフレッシュをするようにしました。
後はネットの口コミで話題になっていた「メルライン」を使い、ニキビケアをしました。
朝晩の1日2回、ニキビができている部分にメルラインをたっぷりとなじませました。とても伸びがよくべたつき感も無いので、化粧下地としても使えます。
メルラインを一つ使い切る頃には、ぼこぼこだったニキビ肌が滑らかになり、できているニキビの治りも早くなりました。
もう少し内容量が多いと嬉しいです。

私は乾燥肌で、化粧のノリが悪くなることで悩んでいました。
洗顔後しっかりと化粧水と乳液で保湿しても、肌に浸透しなくてカサカサなのでファンデーションを塗っても、色ムラができたり粉がふいたような感じになってしまってすごく嫌でした。
乾燥肌用の美容液やクリームなどいろいろ試してみましたが、どれも効果はあるのですが値段が高くて、毎日使うには経済的にきつくて結局はいつもの安い化粧水や乳液で我慢している状態でした。

しかし、そんな時にニベアが乾燥肌に良いということを知りました。
ニベアに使われている成分はドゥ・ラ・メールという高級クリームの成分とほぼ同じということで興味をもちました。何より値段は高級クリームが3万円代に対してニベアは300円ほどの値段で買えるのが一番の魅力でした。
ニベアの使い方は、パックとして使ってみました。夜寝る前のケアに、ニベアをたっぷり使って、顔にまんべんなく塗りパックします。5分から10分放置したあと軽く水で洗い流し、化粧水や乳液で保湿するだけで、肌がプルプルになったのでびっくりしました。
化粧のノリも以前より良くなりましたし、値段が安くて無理なく続けられるのも嬉しいです。

04